• samurai-architect

『俺の家シリーズ』 | 独身者向け | 一戸建て住宅

この記事は、一戸建て購入を考えている男性の為の記事です。


独身者の一戸建て購入が増えているようです。


独身者で住宅を購入した・又は検討中の方の割合は、2020年3月の調査で約4割を占めるようです。


出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001637.000001348.html



実際の例はこちら。

「女性専用の一戸建て フィゴーナ」

出典:https://www.interstation.co.jp/figona/
出典:https://www.interstation.co.jp/figona/

入居者は女性限定で、

戸建ての自由さとプライバシーを確保しながらも、防犯性に配慮した計画です。




このような女性向けの商品はありますが、男性向けのは未だ無いようです。




住宅購入後の結婚が52.8%


一戸建てを購入した男性のアンケート結果を調べてみると、


・趣味のスペース、仕事部屋を自由に確保できる。

・隣室に気を使わない。

・合コンで女性にもてる。


といったコメントがありました。



この中で、『合コンでもてる。』というのが気になったので、さらに調べてみた結果、

「スマイスター」を利用した20代以上の男女1280人にインターネット調査をした結果、住宅購入後52.8%の方が結婚に至っているデータがありました。





話が脱線しましたが、今回は男性向け一戸建て住宅を計画してみました。



お時間があれば是非ご覧下さい。




+ガレージハウス「バイカーズハウス(案)」


第一弾は、バイクを趣味に持つ方に向けた「 Biker's house 」です。


「 Biker's house 」の コンセプトは、


1・シンプル&コンパクト

2・バイクを感じる空間


です。




1| シンプル&コンパクト


まず、『インナーガレージ』は必須と考えました。


しかし、インナーガレージを設けると面積が大きくなり、建設費が高くなります。


そこで、「LDKと兼用」することにしました。



さらに、最低限の住設備とすることで、建築面積を抑えています。

(延べ床面積は、38.92㎡




建築面積を小さくするもう一つのメリットは、ランニングコストです。


部屋が小さいことで、

空調も小さくてよいですし、なおかつ、機械更新時の費用も抑えることができます。



建物は、「建設コスト」よりも「住み始めてからのコスト(ランニングコスト)」の方が、お金がかかります。


「光熱費」や「修繕費」そして「税金」。



「修繕費」は、

エアコンや給湯器等の機械の更新、屋根・外壁の塗替えの費用です。



これらは、面積が小さい方が断然有利です。

(20年~30年といった長期間でみると、数百万円の差になることもあります。)





2| バイクを感じる空間

LDKを兼ねたインナーガレージ(土間部分)は、スロープによって乗入れが可能です。


「メンテナンスしたり、愛車を見ながら一杯!」

といった時間を過ごすこともできますし、床が土間なので使い勝手が良いです。



バイク以外でも、サーフィン・自転車等のアウトドア系の趣味に合わせて頂けると思います。







+自分に合った暮らしを


今回は、個人的な趣味に偏った住宅を紹介しましたが、住宅のカタチは十人十色です。


・周辺環境

・家族構成

・どんな暮らしがしたいか?

・建築する目的は?

・好きなデザイン・雰囲気

・資金        等


暮らす方によって様々です。



建物に住み方を合わせるのでは無く、住み方(自分)に合った建物に暮らして頂きたい。

そして、長く大切に使って頂きたい。



それが、samurai-architectの目指す建築です。




今回のプランが全ての人に当てはまるとは思っていません。



家づくりのアイデアの一部にして頂けたら嬉しいです。






お問合せはこちらからお願い致します m(_ _)m


お問合せフォームへ




オフィス

茨城県つくば市千現2-1-6 つくば研究支援センターB-1

TEL:029-852-6215 FAX:029-307-8570

アトリエ

茨城県笠間市笠間2487

TEL:029-852-6215 FAX:029-307-8570

since2018 by SAMURAI-ARCHITECT