メタバース建築をモデリングしてみた。

最近、観葉植物に目覚めた宮本です。



最近、我が家にきた「ガジュマルの木」




さて今回は、「メタバース建築をモデリングしてみました。」というご報告です。




NHKで特集が組まれるなど、盛り上がりをみせている「メタバース」。


私にはほど遠いかな? なんて思っていましたが、

sandoboxのクリエーターツールを使って、かなり簡単に作成できました。



ドットを1個ずつ埋めていく(積んでいく)といった操作感で、

子供にもできそう。

お子様に触らせてみよう! というのも有りですね!

(天才的な造形を発見できたりして.......)






今回やってみようと思い立った理由は、「NFT」を知るきっかけとする為。



NFTとは、ブロックチェーン技術を応用した仕組みで、

これまで誰の所有かわからなかったデジタルコンテンツを、誰が所有しているものか、みんなで認する技術。

(合ってます? 間違っていたら、こっそり教えて下さい。)



様々なデータがNFT化されて、新しい流れが構想されています。



建築でも同じで、

2020年後半に、「MARS HOUSE」というNFT化されたデジタルハウスが50万ドル(約7200万円)で落札されました。

(凄すぎる......... うちらの設計料の何倍???)




リアルな不動産のにも導入される動きがあって、登記簿謄本をNFT化する動きがあるそう。




NFT化すると、


私達にどのような影響があるか?


どんないいことがあるか?




正直、私にはさっぱりわかりません(^^;)が、


凄くワクワクします!!




samurai-architectでも、

世の中の新しい技術・サービスを共有していきたいものです!!




これからの世の中が、ますます楽しみになりました!!