FLAT HACHINOHE

最終更新: 5月22日

青森県で初めての業務が完了しました。


仕事の過程で訪れた”建物”について紹介させて頂きます。




FLAT HACHINOHE

住  所:青森県八戸市大字尻内町字三条目7-7

敷地面積:約15,000m² 

建築面積:約5,150m² 延べ面積:約7,200m²

構  造:鉄骨造、RC造  

階  数:地上2階  

建物高さ:約17m

着工時期:2018年12月

開業時期:2020年4月

収容人数:アイスホッケー利用時 3,500人規模収容

     バスケットボール利用時 5,000人規模収容

 


・プロジェクトマネジメント:山下PMC ・クリエイティブディレクション:SAMURAI

・設計・施工:戸田建設 ・照明設備:パナソニック ・映像音響設備:電音エンジニアリング



”FLAT HACHINOHE” のホームページはこちらから





八戸のシンボルであり地域最大のスポーツであるスケート文化の活性化を図るために

計画された多目的施設です。



通年型アイスアリーナをベースとしながらも、各種アリーナスポーツをはじめ、さまざまなイベントや地域行事、地域の学校体育など、幅広い用途に使用可能な“多目的スペース”です。





”エントランス” と ”アリーナ” のコントラスト


色彩のコントラスト差が心地よい施設だと感じました。


エントランスホール部が「明るい木目」で、アリーナ部が「黒」となっています。


対比のせいか、アリーナに入った瞬間スケートリンクに目が集まりますし、とても映えます。


電気のラックだけ白くしているのもアクセントになっていて、非常に良い感じでした。




ロゴマークがとてもかっこいいです。



デザインは、佐藤可士和さんだそうです。

外壁は波板でしょうか。

基礎も塗装すると、とても印象が変わりますね。





さいごに

少しの時間でしたが、とても勉強になりました。


一般の方でも利用できるようなので、次はスケートに挑戦してみようと思います。