Monday sagae

つい最近まで東北地方での仕事が続いておりました。


その中で、東北地方の数多くの建物をみることができました。


どの建物も素晴らしくて、

設計者・施工者の建物に対する熱意を感じました。




今回は、その中でも一番刺激を受けた建物を紹介させて頂きます。


これぞクリエーターのしごと!

と思わせてくえる建物でした。




寒河江役所


寒河江市役所は、

さくらんぼの名産地、『 山形県 寒河江市 』に位置しています。



---------------------------------------------------------

昭和1967年竣工 設計:黒川紀章 構造:鉄筋コンクリート造 地上5階建て

---------------------------------------------------------



日本を代表する建築家「黒川紀章」の代表作といわれている建物です。


4本のコアシャフトにより、

3階以上を吊り構造によって持ち上げられています。


2階に市民ホールが設けられ、

1階の議場と3~4階の行政部門が構成されていて、

『市民』を挟んで「立法」と「行政」が成立するという機能構造が特徴です。




2階へ向かうスロープ。

近づくごとに、庁舎の存在感をより大きく感じます。



岡本太郎の作品も!


こちらのドアノブは、「岡本太郎」さんの作品だそうです。

玄関からいきなりすごい存在感です。



ホールに吊り下げられたモニュメントも

「岡本太郎」さんの作品だそうです。

とてつもない存在感!



年代ものの建物ですが、

新しさを感じてしまいます。



床材も、独特なパターンが採用されています。


おしゃれです。



吹き抜けとなっている階段も雰囲気が良いです。



外観のデザインだけでなく、樋を使わない工夫も。

しかも、外観のデザインとマッチしていて、こういった細かいディテールにも気が配られています。



こういった建物と出会うと本当に嬉しくなります!



「黒川紀章」「岡本太郎」

日本を代表するクリエイター、芸術家の個性の塊のような建物でした。




「これぞクリエイターの仕事!!」


と、言われているような刺激的な建物です。



私ももっと頑張ります!!