VRシミュレーション

「VRシミュレーション」とは、完成後の建物をバーチャル空間(仮想空間)に再現することで、完成後の建物の姿をシミュレーションするサービスです。

これから家をたてる「建て主様」、「ハウスメーカー及び工務店様」、「不動産会社様」にご活用頂きたいサービスです。

VRを活用するメリット

​今完成後のシミュレーションとして最も利用されているのは「モデルハウス」です。

 

確かに、空間を把握する面で最も確実な方法ですが、実際に建物を作るには、大きな時間と労力が必要となります。

VR(仮想現実)空間に建物をつくることで、コストを大幅に削減することが可能です。

また、これまでの平面図・パース等の2D資料と比べ、3D空間内を自由に移動できることによって、付与できる情報量が格段に上がります

これらの特性から、「マイホームの間取り検討ツール」、「意思疎通の効率UPを目的とした管理ツール」、「プレゼン資料」「実際のモデルルームに代わる販促ツール」としてご利用頂けます。

VRの過去とこれから

VRシミュレーション技術の歴史は深く、IT産業が急成長した頃から一部の方々には利用されていました。

この技術がもたらす社会的なメリットは理解されていたものの、「作成期間が必要」「高額な作成費用」の面から普及してこなかったのが実情です。

しかし、昨今のITインフラ拡充によって、VRは私達の身近な存在となりました。

近い将来5G通信網が整備され、今よりも短い時間でより大きなデータの送受信が可能となる世界がやってきます。

今以上に企業・個人の動画コンテンツ利用が増加することは間違いありません。

samurai-architectのVR

samurai-architectでは、最新の3Dモデリングソフトとゲーミングソフトを上手に活用することで短期間・低価格でのサービス提供を実現しました。

法人以外の建て主様へは、費用を抑えたプランを用意しています。

その他お気軽にお問い合わせ下さい。

制作事例

 

戸建て住宅

since2018 by SAMURAI-ARCHITECT